徳島交通事故治療ブログ坂口整骨院

坂口整骨院

 

カテゴリ:交通事故豆知識

皆さん、こんにちは★

徳島県北島町にある北島坂口鍼灸整骨院です!

 

さて、今回は交通事故の際の身体の痛みに対する治療についてお話いたします。

まず、私達は徳島県内に徳島院(末広)・国府院・鴨島院・鳴門院・阿南院、そして北島と院があり、そのそれぞれに国家資格をもった施術者が居りますし、むち打ち治療協会認定院となっております!

交通事故に遭ってしまった。身体も痛いけど、治療はどういう風にすればいいの? 費用は? 保険はきくの?

そんな疑問についての豆知識をお伝えいたしますね。

 

交通事故での治療を行う場合、保険会社、加害者が治療費の負担をして頂けます。

保険会社、加害者の負担対象となるのが医師免許を持つ医療機関(総合病院、大学病院、整形外科など)、国家資格である柔道整復師を持つ接骨院、整骨院または鍼灸師の鍼灸院のみです♪

整体、カイロプラティックは国家資格ではなく自賠責保険対象にはならないのでご注意下さい。

 

【治療機関の窓口で伝える4つのポイント】

①交通事故でケガをしたということを伝える

②仕事中に事故に遭ったかどうか伝える

③健康保険を使うのか本人が自費で支払うのか保険会社が支払うのか伝える

④自賠責保険になるのか、任意保険になるのか伝える

 

 

 

1.自賠責保険について

自動車損害賠償保険(自賠責保険)とは、公道を走る全ての自動車やバイクに

加入が義務付けられており、一般に「強制保険」と呼ばれています。

 

2.治療費について

示談をする前であれば、患者様の負担はありません。実質0円です。

 

3.事故後の保証について

①治療費

②交通費(公共交通機関・タクシー・駐車代など)

③休業損害賠償(自賠責保険基準で1日5,700円~19,000円)

 

4.事故後の治療期間について

平均的な治療期間は3~4ヶ月ですが、この期間は怪我の程度や事故の

種類によっても違います。

ただ症状が軽減したからといって完全に治癒したとは言えません。

事故の後はしっかり治し切ることが大切です。

 

<人身傷害補償特約>

こちらの特約は、ご自身の過失割合が何割でも、最終的に相手の保険会社から獲得できた慰謝料のうち、ご自身の過失割合分を自分の保険会社に請求できるという保険特約となります。

こちらの保険に入っているかどうかを確認し、もし、自分に過失割合があるようでしたら、相手の保険会社に過失割合分を減額した金額で請求を行い、残りの過失分をご自身の保険会社に請求するようにします。この保険を使うことによって、過失割合はあまり

関係なくなりますので、是非活用するようにしてください。

この内容は保険会社は親切に教えてくれませんので是非覚えておいてください。

 

<搭乗者傷害特約>

こちらの特約は、一般的に

交通事故によって、傷害を受けた場合、5日以上通院をした場合には、5万円~10万円を請求できるという特約です。

保険会社によっては、期限は事故日から180日以内で通院1日に対して、5千円~1万円を支払ってくれる保険会社もあります。

この特約も保険会社は教えてくれないのでご自身の保険会社に使うという連絡をしなければいけません。

さらに、後遺障害認定を受けた場合、この後遺障害においても見舞金として払ってくれる優れた特約となっております。

後遺障害14級の場合の見舞金は、掛金の4%がほとんどで、通常1000万円の掛金の40万円を払ってくれるような優れた保険特約となります。

こちらの保険特約も、保険会社に請求しないと、教えてくれない保険特約になりますので、後遺障害認定を受けられた場合、こちらの請求も忘れないようにしてください。

 

<傷害保険>

この保険は自動車保険に該当しませんが、
県民共済や全労災などの傷害保険に入っている場合が
これにあたります。

これらの保険を家族で入っている場合、

交通事故などで怪我をした場合、期限90日間で、通院1日に対して、2500円~5000円を払ってくれる保険内容になっておりますので、是非入っていましたらこちらの保険内容も確認してみて

ください。

もちろん入院した際には、補償額が高い場合がほとんどです。是非これらの保険内容は確認するようにしてください。

 

・後遺症障害

交通事故によって怪我をし、精神的・肉体的な傷害が、将来においても回復が見込めない状態となることを症状固定と言いますが、交通事故とその症状固定との間に、確かな関連性・整合性が認められ、医学的に証明できるものを後遺症障害といいます。後遺症障害は、労働能力の損失率(低下)を伴うものでその損失程度が、自賠法施行令の等級に該当するものを言います。

 

また事故での通院の際に耳にする事のある、「治療費打ち切り」というキーワードについてお話ししたいと思います。

 

治療を続けていて、患者様が保険会社から受けるプレッシャーのひとつに「治療費打ち切り」という言葉があげられます。

交通事故で怪我をさせられ治療に通っているにもかかわらず、保険会社から一方的に、「一般的にはもう治っている時期なので、今月で治療費の支払いを終了します。」という内容の電話がかかってくる事があります。

しかし、これは保険会社が勝手に判断しているだけの事です。「これ以上治療を続けてはいけない」という強制的なものではなく、「保険会社としては、治療は治癒ないし症状固定であると判断したため、今後は治療費は払いません。ただし、後で治療費が必要であったと分かった場合はその分は後で払います」という意味であると理解しておいてください。

そしてこのような連絡があった際には、担当の先生とよく話あって、今後の相談をすることが大切です。

 

以上、豆知識になりそうなものを上げてみましたが、遭われた事故などによって他の人と全く同じケースということはなかなかないと思います。

私の場合はどうなるの!? など不安なことなどございましたら、お近くの坂口鍼灸整骨院までご相談ください!

最初にお伝えしましたが、現在徳島院(末広)・国府院・鴨島院・鳴門院・阿南院、そして北島と院があります。

自宅に近い、勤務地に近いなどお近くでご相談承れますので下記のホームページより詳しい場所を確認してみて頂ければと思います!

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

<坂口鍼灸整骨院の交通事故・むち打ちのページ>

 

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●末広坂口鍼灸整骨院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院