徳島交通事故治療ブログ坂口整骨院

坂口整骨院

 

カテゴリ:交通事故豆知識

こんにちわ!!!

板野郡北島町にあるむち打ち交通事故施術専門北島坂口鍼灸整骨院です(^^♪

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今日はあいにくの雨です。。。

運転で出かける際はスリップしやすいので十分ご注意くださいね!

もうすぐ冬ですがスタッドレスタイヤの準備はできていますか?

夏用タイヤでも十分運転できるだろうとおもっていると大変な目に合うかもしれません。

夏用と冬用ではタイヤの質や溝の多さが違い、安全性を高めるために設計されてるので

交通事故を避けるためにもその季節のタイヤをはいてくださいね!!

 

皆さんむち打ち症には種類があることをご存知でしたか?

むち打ち症には大きく分けて4つに分類され、症状が異なってくるので是非この機会に知っておいてください。

 

〈むち打ち症の分類〉

1.頸椎捻挫型

頸椎周辺の筋肉や靭帯という軟部組織の損傷で、むち打ち症の中では最も多く全体の70~80%を占めます。脊髄の損傷はないためはっきりとした神経症状(筋力低下、感覚障害)は現れませんが痺れやだるさ等の自覚症状を訴えることはあります。首を前に倒したり、左右に回旋させたりすると首を支えている後ろの筋肉が伸ばされて痛みが強くなったり動きが制限されることもあります。

 

2.神経根症型

頸椎の中には脊髄という中枢神経と脊髄から左右枝分かれして出ている神経根という末梢神経が通っています。頭蓋骨の中にある脳から降りてきて脊髄となり頸椎の中を通り神経根という枝を出して手に神経が出ていきます。脊髄はそのまま腰に到達し足に神経をだします。この神経根症型というのは脊髄から出た神経根が圧迫されるために手のしびれ、痛み、筋力の低下、首から肩にかけてのしびれ、痛み、手が動かしにくいといった麻痺症状が出てきます。脊髄に直接圧迫が加わるわけではないので下肢の症状は出ません。

 

3.脊髄症型

脊髄症型とは神経根症型でお伝えした脊髄を直接圧迫してしまう状態のことを指します。神経根症型は上肢のみに症状が現れましたが脊髄は脳から出てきて足先まで支配する中枢神経が圧迫、損傷してしまうので全身に筋力低下、痺れなどの麻痺症状が現れます。

 

4.バレ・リュー型

「後部交感神経症候群」とも呼ばれています。自律神経には交感神経と副交感神経が存在し身体の内部環境を調節してくれています。交感神経と副交感神経は相反する作用をもち、簡単に分けると交感神経が興奮状態で優位に働き、副交感神経がリラックス状態で優位に働く神経です。むち打ちによる頸部の損傷で自律神経が正常に機能しなくなることで、頭痛、めまい、耳鳴り、倦怠感、発熱、動悸、吐き気などの自律神経症状を引き起こしてしまいます。

 

正確な診断は病院に行って検査を行い医師が判断するものですが、こうした分類は実際に症状が出た時に知っておくと冷静になれるので覚えておいてくださいね!

 

北島坂口鍼灸整骨院はむち打ち交通事故施術専門院です。

交通事故の症状は早期に治しておかないと後遺症としてあとから症状が出ることも

ありますのでご自身で判断することなく当院にご相談ください!!

「診療時間」
平日 9:15〜12:00,15:30〜20:00
(一般の方は19:30 最終受付)
土曜 8:15〜17:30(昼休憩なし)
日曜・祝日 8:15〜12:00
<坂口鍼灸整骨院ホームページ> http://expand-k.com/
●北島坂口鍼灸整骨院
●阿南坂口鍼灸整骨院
●鴨島坂口鍼灸整骨院
●鳴門坂口鍼灸整骨院
●坂口鍼灸整骨院 徳島院
●国府坂口鍼灸整骨院
●法花坂口鍼灸整骨院
●小松島坂口鍼灸整骨院
●垂水坂口鍼灸整骨院
<坂口鍼灸整骨院ホームページ> http://expand-k.com/